人気ブログランキングへ アースハート オーラソーマ カラーセラピー 天使 光 クリスタル アロマ 旅行
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

香りの見える化

2017.03.29 (Wed)

脳波スキャナー

先日都内は汐留にてヤングリビング社のセミナーがあり、
数名で聴講してきました。

今回のスピーカーは米国にて博士号を取得した脳の研究者達。

いまヤングロビング社は「香りの見える化」を推進しており、
若手研究者たちと力を合わせて開発に取り組んでいます。

香りの見える化とは脳波スキャナーを開発して香りを吸引してもらい、
ひとり一人の結果を言葉と棒グラフで表すと言うもの。

例えば同じペパーミントでもある人はスッキリ爽快感でも
他の人は意外とリラックスする場合もある。

香りは人それぞれの脳の活性度合いと記憶によっても異なる。

ある奥様のお話、リラックスするといつもリビングでヒノキ系の精油を
デュフューズしていたのですが、実は夫は同じその香りで仕事モードになると言う。

なので夫はいつもリビングで仕事をすることに(笑)

会場

大脳辺縁系にある海馬は記憶の貯蔵庫、奥様にとってはヒノキ系の香りは
子供の頃のリラックスする思い出につながっても
夫にとっては樟脳系の香りは脳幹が刺激されて仕事モードになる。

いずれはこの脳波スキャナーをスマホのアプリ化を検討中だとか、、

世界的にヒットしたあのピース&カミングですが、
大半の方はリラックスと安心感でしたが、
中には「活性」の棒グラフが限りなく伸びていった方も。

また会場でペパーミントを塗布した試験紙が配られ、
左の鼻穴で感じるか、それとも右鼻穴で感じるか、、

どちらで感じる方が脳が活性していると思いますか?

答えは左の鼻穴!! 嗅覚による脳への到達する速度は0.1秒
こちらはフロリダ大学のアルツハイマーや認知症患者へのデータ結果によるもの。

会場でも周りに聞きましたら、やはり皆さん左穴の方が強烈に感じて、
右の鼻穴はまろやかに香りを感じると言う。
左右の鼻穴でこんなにもはっきりと違うことを知りました。
一度お試しください。

香りは脳内の記憶の貯蔵庫・海馬へ直結する

フランスの作家マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」ではないけれど
五感によって今迄なかった感情が生まれ、中でも嗅覚は失われていた記憶を
呼び覚ます、なので人それぞれに同じ香りでも求めるものは違う場合もあり、
当然作用や働きも違う。

安眠オイル

また純粋な精油ほど多くの成分が含まれており、
ヤング社のラベンダーやペパーミントはオールマイティに効く。

そこでアロマルーティン、日々のライフスタイルの中で私はこのオイルを
この生活シーンで使っている、マイオイルのシェアがとても大切で

スピーカーの脳研究の専門家の方々にもマイオイルの
アロマルーティンをシェアして頂いた。

次回は普段から脳を最大限に生かされている専門家によるアロマルーティン
この時にこのオイル「マイオイル」をシェアいたしますね💓

☆4月12日(水)11:00〜美味しいアロマお茶会開催
アロマルーティン・マイオイルシェア&今回のセミナー内容もシェア
さらに地球にも優しいアロマ虫除けスプレー手作り付
盛りだくさんな内容です。詳細&ご予約は↓
http://iris-colors.com/schedule/scheduler.cgi?mode=view&no=543







テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

22:59  |  アロマライフ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ジャスミンのふた

2017.02.03 (Fri)

ジャスミンフタ

ジャスミンの花は夜明け前に摘まなければならない

太陽の熱で花びらに含まれる精油が蒸発しないうちに・・・

初めてジャスミンの精油が届いた日

まだ包みを開けない内から胸が高鳴った

ただならぬ気配を感じて

開けてみるとすでにキャップはほのかなピンク色だった。

思わず写真を撮ってしまった。

大半のキャップは最初は白いままだ。

香ると、熟す一歩手前の上質の白桃の香り・・・

甘くフルーティな花の香り、蕩けるような香り、

香水のブレンドとして人気のジャスミンは

ジャスミン

男性が女性に求める香りとしても人気が高いと言う

半滴を手首や耳の後ろに付けるだけで一日香っている。

ハッピーオイルと呼びたい、瞬時に自らに優しくなれる

ふわっと浮くかと思えば、しっかり根付く感覚もある。

1と7、2と4、相反するチャクラに働きかける、

官能的であり、次元を越える感覚もあり、不思議な香りの要素

更年期鬱や不眠症にも良い。

サンダルウッドとブレンドすれば瞑想時にも良いとある。

精油の色はピンク味のゴールド、

ちょうど作成したインカローズのブレスともテーマは合う。

インカUP

そんなジャスミンオイルがYL2月の10%オフの1点になっている。

高価なので、この機会に〜*

☆イリスアロマ☆お茶会は2月8日(月)&11日(土)
リンクイリスHPヘアクセスくださいませ。
☆3月は7日と18日に予定しております。




テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

17:52  |  アロマライフ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

即座の癒しとは

2017.01.18 (Wed)

シトラス1

五大栄養素に加えて食物繊維の次にフィトケミカルは
第7の栄養素として注目されています。

フィトケミカルとは植物成分のこと、
活性酸素の除去にも貢献し、心身の酸化防止、
若返りにも役立ちます。

植物成分、つまり精油の中でも特に大切なP・S・Mについて

フェノール、セキステルペン、モノテルペンについてその働きと

そしてこの成分に対応する主たる精油・オイルについて学ぶ

アロマ☆お茶会を2月に開催いたします。

この流れで適切なオイルを使うと私たちの細胞膜に働きかけ

細胞膜のお掃除から修復まで、細胞膜がきれいになると

精油が細胞の中へ浸透しミトコンドリアが活性化します。

ひいては免疫力向上につながっていきます。

アバンダンス

まるで鍵穴に正しい鍵を差し込むように

精油をより効果的に使うことができます。

例えばアロマヒーリングで人気のレインドロップテクニックは

この流れで行なうヒーリングテクニック

PSMの三位一体使いは即座の癒しをもたらします。

学んで自らに精油を効果的に使いませんか・・・


☆下記の日時いずれかお選びください。
2月8日(水)11:00~12:30 *事始めの日
2月11日(祝)14:00~15:30*建国記念日

詳細はhttp://iris-colors.com/schedule/scheduler.cgi?mode=view&no=525



テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

23:07  |  アロマライフ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

身体の芯から温まる

2017.01.08 (Sun)

エッセンス茶

季節は正直ですね、毎年小寒を迎える頃から急に寒くなります。

今日 都内はみぞれのような雨が降っています。

夜は雪に変わるかもしれません。

あまりにも寒いのでお白湯にシナモンバークを入れて飲んでいます。

ジンジャーもいいですね、身体の芯からグッと温まります。

ルイボス系にはシナモンバークがベストマッチ!

シナモン精油は化学物質を溶かす働きも強く、

ラベルに極わずか精油がつくだけで印刷もはがれます。

使い過ぎた頭をすっきりしたい時はペパーミント、

緑茶系にあいますね💗

シナモンバークの精油は抗菌、抗ウイルス、血流を促すなど

さまざまな働きがあり、特にこの季節は風邪予防にも最適です。

朝の一杯、身体温めて元気出して、出勤です。

ヤングのペパーミント精油は万能ですが、

受験勉強中のお子様にはお部屋にデュフューズを!

脳内すっきりして覚醒、学習もはかどります。

珈琲はアロマがリラックスさせてくれますが、

逆に身体を冷やすのでお気をつけ下さい。


月に1〜2度の割合でアロマお茶会を開催しています。
次回は1月18日(水)午後2時〜 詳細は下記をご参照ください。
http://iris-colors.com/schedule/scheduler.cgi?mode=view&no=519



テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

15:43  |  アロマライフ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

祈りの力

2016.11.14 (Mon)

シトラス1

今夜はウルトラスーパームーン

地球に大接近する月が満月と重なるのは68年ぶりだとか・・・

都内は生憎の雨ですが、満月の力は感じます。

浄化と解放、満ちてゆく何かを掴む時、

上から押さえつけられるような力や薄い膜一枚の中にいる感覚

妙な静けさも感じます。

スーパームーン宵月

このところ祈りの力の大切さを痛感して特にオイルを使う時に

祈り=意図や意志、願いなどともに使うと心身に染み通るのを実感します。

ちょうど読んでいた本にクロード・レヴィ・ストロース「野生の思考」

60年代後半に構造主義としてフォークロアの流れとともに一世を風靡した

フランスの民俗学者、文化人類学者

80年代に女性の間で流行したソバージュ(フランス語で野蛮の意)ヘア
生みの親かもしれません。

とにかく欧米の知的階層が抱く少数民族への偏見を
フィールドワークを通して研究し、その偉大さを実証した学者ですが。

自分が今エッセンシャルオイルにはまり、

植物の血液とも呼べる精油を通して動物的本能である嗅覚によって
蘇らせているまさに「野生の思考」を実感しているからかもしれませんが、

本に書かれていたインディアンや東カナダ呪術医の植物に対する姿勢に感銘を受け

それは祈りの力、「インディアンは花を摘まない」

なぐさみに花を摘まない、植物にはそれぞれの隠れた主人にしかわからぬ
神聖なる用途があるから、採取する時は必ず根元に少量の煙草を備え、

魂を味方にする。それは植物のからだけではなく魂の協力がなければ
何ら効力がないと信じているからであると・・・

昨年ヤングリビング社セミナーにおいてDr.スチュアート氏の
量子物理学の研究データによる祈りの力を聴講し
この本を読んで、さらに納得した。

祈りのオイル

使う人の感情や願いによってもエッセンシャルオイルの分子形状や
周波数も変化する。それによって通常はオイルが行かないところへも
心身に浸透すると言う。オイルの効果は無限、

「瓶に入った可能性ポテンシャル」と呼んでいる。

「あなたはどんな作用がほしいですか?」


☆定期的にアロマお茶会開催しています。
12月は5日(月)14:00~に予定
http://iris-colors.com/schedule/scheduler.cgi?mode=view&no=507



テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

23:17  |  アロマライフ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
SEO対策:音楽 SEO対策:天使 SEO対策:ブログ