人気ブログランキングへ アースハート オーラソーマ カラーセラピー 天使 光 クリスタル アロマ 旅行
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

幣立神宮①

2011.08.31 (Wed)

雨の社殿

幣立神宮の「五色神祭」に参拝させていただきました。

熊本空港から高千穂行きバスで約1時間半、地図で見ても九州のど真ん中、

最寄り駅の山都町・馬見原で降りると「九州のへそ」のモニュメントが輝いていました。

超古代のことが書かれた本などを読むと、かつては地球の中心説があったりする。

あまりにも大きなエネルギーに触れてきたせいか、帰ってから何だかボォ~として

何もする気がせず、山都町へのホームシックが募る・・・

朝8時に社殿に入り、正式参拝させていただいた。

参拝が終わると、土砂降りの雨、雨・・・

11時からの五色神祭が始まると雨が止み、晴れてきた。

そう、幣立の神様は「大宇宙六始神」とある・・・天・地・風・水・火・雨

雨が降って完結する・・・

虚空から大きなしずくとなって一粒一粒降りてくる、見上げる空が高く、木立が高く

檜の香が立ち込め、雨の中ずーと立っていても心地よい

「通称、高天原・日の宮と呼称し、筑紫の屋根の伝承がある。
神殿に落ちる雨は東と西の海に分水して地球を包むという、分水嶺である」

御由緒に書かれてある

主祭神は
神漏岐命・神漏美命  大宇宙大和神  天御中主大神  天照大神

参拝中に右方向が気になり社殿の窓の向こうを見ると巨大な檜の根っこが見えた
ただならぬ雰囲気を醸し出している。

後で宮司様から、地球平和のためにご心配になられた天の神様が、
火の玉となって御降臨されたところに芽生えたのがこのヒノキだと伺って納得。
カムロギ・カムロミの命という御神霊である。
神代文字で「アソヒノオホカミ」と彫られた石碑もある。

五色神

社殿の屋根の下に掲げられた「五色人イロヒト」のお面の写真は迫力ある。
かつて地球には五色の(赤・青・白・黒・黄)の種族がいたという。
五色神祭はそれぞれの祖神の代表が集い、天地・万物の和合と世界平和を願うお祭。
太古の神々(人類の祖先)は大自然の生命と調和する聖地としてここに集ったという。

お神楽
儀式の後、神楽殿で演奏が始まった。
40分ほどあったが、ずーと鳥肌が立っていた。
壮大な神宮のエネルギーに負けない素晴らしい演奏だった。
終わると、生命力が漲り、気分が高揚した。
帰ってからボトルを選ぶと久方ぶりにキリストを選んでしまった!

カムロギ

社殿の向こうに見えるヒノキ、
対になっていて一方は諏訪大社の御柱と似ているような感じだが、こちらは自然そのもの。
諏訪大社は日本の中心、幣立神宮は地球の中心と何かで読んだことがある。
古代より人知れずこのような祭礼が連綿と続けられていたとは・・・
昨年、諏訪大社へ参拝させていただいたからか、レイラインで繋がっている
幣立神宮へ呼ばれたのかもしれない・・・・

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

17:42  |  パワスポ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iriscolorsangel.blog109.fc2.com/tb.php/127-40d973e7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
SEO対策:音楽 SEO対策:天使 SEO対策:ブログ