人気ブログランキングへ アースハート オーラソーマ カラーセラピー 天使 光 クリスタル アロマ 旅行
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

マンダラ発光

2011.12.12 (Mon)

マンダラ発光

今年最後の満月の日に「クリスタルマンダラ」ワークを行ったので、
通りかかった近くのギャラリー、いつもは素通りなのに何だか目に留まってしまった!

杉浦康平「マンダラ発光」(マンダラ造本宇宙)まさに目の前で発光していた!
中に入るとまず映像が目に飛び込んでくる・・アジア精神世界を表現する映像美

3つの空間に中国とイタリアとチベットのヴィジュアル・マンダラ三部作が展開
まず最初の空間は空海が中国から持ち帰ったという
真言院両界曼荼羅世界のエッセンスを表現。
空海は徹底して「対を成すもの」にこだわったという。
それは胎蔵界と金剛界に象徴される、太陽と月、金と銀、陰陽の思想でもある。
大宇宙と小宇宙(自己)を統合するための試みが曼荼羅なのだろうか・・・

階下にはふたつの世界が・・
イタリア・ルネッサンスはボッティチェリ「ヴィーナス誕生」と「春」を対峙させ
天上のヴィーナスと地上のヴィーナスとして美しく昇華させている。
最後の部屋はチベットの曼荼羅世界だ。カーラチャクラ・時の輪も描かれている。

銀座ギャラリー

3つの世界を回っていると万華鏡の中にいるような錯覚を起こして、
鏡に映る世界が果てしなく続くような・・・
ラビリンス・・光の中のラビリンス・・・ギャラリーの扉を開けて外に出たとたん我に帰る・・・

光から現実へ、潜在意識から顕在意識へ・・・
相反する要素の狭間でのバランスも曼荼羅の中心点が語る。

アジアンなカオスの中で秩序を与えるのもまた曼荼羅の世界なのだろう・・・

マンダ発

★同展は銀座グラフィックギャラリーにて12月24日まで。

19:21  |  アート&シネマ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iriscolorsangel.blog109.fc2.com/tb.php/139-b9ca94f3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
SEO対策:音楽 SEO対策:天使 SEO対策:ブログ