人気ブログランキングへ アースハート オーラソーマ カラーセラピー 天使 光 クリスタル アロマ 旅行
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

3作目のシャネル

2010.02.02 (Tue)

シャネル


昨年、オードレィ・トトゥのフランス版シャネルを観て、
次にシャーリン・マクレーンのアメリカ版シャネルを観て、
来年の3作目はすごいよ!と聞いていたので、
期待を胸に昨日、第3弾を観てきました!!

期待通り、真打登場でした!!
「シャネル&ストラビンスキー」

バレエ・リュスの「春の祭典」での衣装をシャネルが担当したことを
かすかに覚えていましたが、
作曲家ストラビンスキーと情熱的な恋の火花を散らしていたとは知りませんでした。

ココを演じるアナ・ムグラリスはため息が出るほど美しく、エレガント。
シャネルが乗りうつっていました・・
今でも彼女は実際にシャネル社のミューズでもあるので当然でしょうか・・

当時の社会において結婚よりも自立を優先させた女、
恋多き女、恋人からインスピレーションを得て創作に反映させた女、
独自のモードをアートにまで高めた女、
そして何よりも彼女の生き方、彼女そのものがアートでしょう。

かの有名な香水「NO.5」は
ストラビンスキーとの恋の火花がなければ誕生しなかったよう・・
恋の火花を香水へと昇華させたシャネルの創作への執念はすごい・・
いや恋と言うよりも、魂が触れ合うようなお互いの潜在的可能性を刺激し合う、
過酷な火花だったのでしょう・・

シャネルは獅子座の女、
オーラソーマで獅子座に対応するボトルのナンバーも5番。
ナンバーだけでなく、色もテーマも数秘的にもシャネルという人を語るにピッタリです。

モードを通して時代を超え今に残るスタイルを確立したシャネルに乾杯!
とは言え、シャネルのバッグも服も香水も何も持っていない私ですが、
創作への情熱と勇気ある生き方に魅了されます。

只今、銀座シネスイッチにて上映中。
13:11  |  アート&シネマ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iriscolorsangel.blog109.fc2.com/tb.php/17-b6439d6e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
SEO対策:音楽 SEO対策:天使 SEO対策:ブログ