人気ブログランキングへ アースハート オーラソーマ カラーセラピー 天使 光 クリスタル アロマ 旅行
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

元出雲から伊弉諾神宮へ

2012.06.22 (Fri)

鳥居1

台風に向かって深夜バスに乗った。
本当は春分に行きたかったけど夏至になったのも今となっては納得した。

バスは無事、京都駅に着き、姫路方面への鉄道に乗ろうと切符を買うが、
「亀岡」という文字に釘付けになり、
路線変更、出雲大神宮へまず参拝することにした。

早朝の通勤電車は保津川峡谷を抜けて亀岡に到着。
駅員に行き方を伺ったがピンと来てない様子。
隠れ宮は地元でも知られていない。
バスは1時間に1本もないので、タクシーに乗ることに。
運転手はさすがに元出雲の存在を知っていて
「出雲はんに出世してもらおうということで、島根に出雲大社を創ったと聞いてます」

丸い古墳のような山を背景に立派な社殿は建つ。
あまりにも粛々たる荘厳な霊気に圧倒される。
台風一過もプラスされているのか、それとも深夜バス疲れのギャップか・・

御影山1

古墳のようなではなく、実際に古墳だった!
国常立尊が眠る御影山・・・・有史以前の磐座が物語る。
気を引き締めて山中へと登った・・途中から体中が熱くなり、
オーラは磁石に吸い寄せられる砂鉄のように反応する。

立派な本殿は最近再建されたのか、
全体に要所要所が新しくなって輝いている・・・
国力が弱まっている今、国祖神であるクニトコタチノミコトは時代の要請か・・・
もう隠れ宮の長き時代は終わるかもしれない。

真名井

本殿には大国主命・出雲姫こと三穂津姫命が祭られている。
山中にはスサノオノミコトとクシナダヒメノミコトの御社がひっそりと佇む。
境内には夫婦岩、真名井の水が流れる磐が・・万病に効く水として知られる。

国常立尊は天地の間に立つ葦のような存在だったと伝えられる。
3次元以上・・イメージとしては龍・・縦横無尽に天地を駆け巡る龍のお姿なのか・・

さて、本命の淡路島へ・・・
舞子から高速バスで明石海峡を渡る・・・大河のような銀色の海が広がる。
淡い島影をぬって多くの船が行き交う・・・胸キュンの風景・・
理由もわからずただ懐かしく思う風景だ。

イザ、ナギヘ イザ、ナミへ
いにしえの海人族は凪と波を読んで船出した。
凪とは和ぎ・・・穏やかさを表す、和をもって尊し、大和民族の心根・・

大鳥居1

バスを乗り継いで伊弉諾神宮へ到着。
大鳥居に「古事記編纂より1300年記念祭」垂れ幕がかかる。
そうなんだ・・知らなかった、まだ1300年なのかという感じもする。
思えば1995年の1月にこの大鳥居が東北の方位に倒れたことから
新時代の幕開け、新たな始まりと読んだことがある。
阪神淡路大震災の震源地に立ってみた。

この年12月オーラソーマでは大天使ミカエルのボトルが誕生している。
地球が危機に瀕したときに現れる大天使。以後、大天使のボトルが続く・・・

本殿に立つとお神楽が始まった・・・巫女たちが舞う・・
ここまで来れたことに感謝、ひたすら感謝の心を持って参拝した。

国生みの里、子午線0ポイントのある陽の道
伊弉諾神宮を中心に東西南北に主な神社が配置されているレイラインの中心地。
夏至の日には諏訪大社から上った太陽は高千穂神社・天岩戸神社に沈む。
昨年一昨年と知らずして東西ふたつの神社を参拝していた。

レイライン

再びバスを乗り継いで・・予約していた民宿に向かう
海岸線ぎりぎりに立つ船宿。
大きなガラス窓から島影に沈み行く夕陽を眺めながら乾杯!
明日の日の出時刻を確認した、部屋の窓から東側が見える。

しかし、夜明け前から雨が降り始めた・・・残念。
夏至の日の出を期待して東側の民宿にしたが、台風が再び近づいている。

部屋でずーとウェザーニュースを見ていて飽きなかった。
雲の底と雲の色を見よう!と案内していた。
夕景の雲の色がオリーブグリーンであれば明日は雨だとか、
確かに雲の色が微かにオリーブグリーンだと印象に残っていたけど・そういうことか!

翌日は民宿の先にあるオノコロ島へ行く予定だったが、雨で諦めた。
民宿の大将が洲本港まで車で送ってくれた。
車中で大将に最初に矛でかき混ぜてできた島が勾玉の形をしているなんて
不思議ですよねと問いかけると大将は「なあんにも知らなかった」
釣り宿の主だから仕方ないかと・・目と鼻の先にある沼島に別れを告げた。

帰りの新幹線ですぐに答えはやってきた。
伊弉諾神宮は神功を終えたイザナギの尊の幽宮だそうで、
だから夕陽の神様だそう、朝陽の女神様がアマテラスなのだと・・
かつて春分に伊勢神宮へ参拝した、泊まった二見ヶ浦の夫婦岩の
間から上る朝陽を幸運にも拝むことができた。

夕景

今回は春分ではなくて、夏至の淡路島になったのも納得した・・・
銀色の海と白い風に癒されて・・陽の道・一人旅は完結した。

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

19:33  |  パワスポ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iriscolorsangel.blog109.fc2.com/tb.php/172-c7cc0607

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
SEO対策:音楽 SEO対策:天使 SEO対策:ブログ