人気ブログランキングへ アースハート オーラソーマ カラーセラピー 天使 光 クリスタル アロマ 旅行
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

聞香体験

2012.08.18 (Sat)

金王八幡

今年は古事記編纂1300年の年にあたるので、
記念の催事がいろいろとあるようです。

先日、渋谷は金王八幡・社務所にて行われた
「古事記」を読みながらの聞香体験会に参加させていただいた。

平安時代より続く雅な香道の世界は、そのイメージから
敷居が高く、敬遠していたのですが、

3年前、善光寺・宿坊に宿泊した折、
お朝事参拝へと宿坊の御門を出た途端、
お向かいの浄土宗・宗門より尼僧様がお出ましになられ、
宮家代々のそれは美しい尼僧様に続き境内を歩かせていただいた貴重な体験から
そこはかとなく漂う素晴らしい香りに衝撃を受けました。

聞香会で使用される香木は「六国五味」と呼ばれるもので
6つの産地から5つの味わいを持つ香木を体験。
有名な伽羅はやはり五味のバランスがよく最高級の香りですが、

香道のお作法は香りと共に主題があって、
和歌や物語等の主題が重要な意味を持ち、
今回は古事記からテーマは「八岐大蛇スサノオとクシナダヒメ」でしたので
それぞれの香りに聞きながら、イメージを膨らませるのが難しくもあり・・
最後に主題と香木を自分なりに結びつけるので、ゲームのような楽しさもあります。

香炉

大脳に直結する香りは言葉の入らない世界ですが、
そこを「香りに聞きながら」イメージを膨らませ遊ばせ、最後に言葉に落とす・・・
「香りを聞く」とは言わず「香りに聞く」という、てにをはの違いに大きな違いがると
講師をしてくださった香道・帚門会・「聞の会」伊達宗匠。
自分を虚しく、無心にすることの大切さ、要するに肩の力を抜くことだそう。
空海は「香りと一緒に飛ぶ」と言われたそうな。

香りによっては肩甲骨や肩の辺りがフワフワ、ゾワゾワし始めるときがある
時にASの大天使のエッセンスともに瞑想すると肩甲骨に天使の翼が生えてくる感覚
修復されてくる感じがある。

香木は香木そのものが香るのではなく、香木についた樹脂が香るのだそう。
馬尾蚊足と形容される細く小さい香木をのせる銀葉や灰押、聞香炉など
独特のお道具も繊細で美しく、
日本固有の伝統ある大人の遊びを体験させていただいた。

香りは一期一会の世界、
季節や自己の体調などさまざまな状況下で香ってみたいと思った。
それほどに微妙な・・・
見えないものを見て、聞こえないものを聞く・・・幽玄の世界。

聞香体験会へご興味ある方は主催(株)水の和URLへアクセスされて下さい。

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

14:01  |  ヒーリング  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

無我の境地

肩の力を抜く…。私もそのようにリラックスして意気込まず、自然界に同化して撮影出来る様になりたいものです。見えないものを見て、聞こえないものを聞く…。
見えないものの世界、聞こえないものの世界の方が5感に響く様な気がします。
emi.N |  2012.08.19(日) 00:05 | URL |  【編集】

Re:

> 日本の文化というものが本来そのようなものなのでしょうか。かつてフランス人から「藍の国」と呼ばれたそうですが、香道にロイヤルブルーのテーマを重ねてしまいます。
iriscolors |  2012.08.19(日) 12:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iriscolorsangel.blog109.fc2.com/tb.php/184-79c83bee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
SEO対策:音楽 SEO対策:天使 SEO対策:ブログ