人気ブログランキングへ アースハート オーラソーマ カラーセラピー 天使 光 クリスタル アロマ 旅行
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

オーラソーマ的「死者の書」

2012.09.20 (Thu)



あの世とこの世の境界に立ち、冥界への審判役を担うアヌビス神は
エジプトだけの神様ではなく、
オーラソーマの世界を学ぶものにとってもまた大切な神様。

8番ボトルアヌビスはイエローとブルーのコンビネーション。
ASタロットにも天秤は描かれている。

死後の心臓と羽一枚を秤にかける・・・問われるのはハートの軽やかさ。
自分が行うことを楽しんで行っているか、愛を持って行っているか・・

何をしているかよりも、どのようにしているか・・・
その在りよう、方法が問われる時代、

仏教ではカルマとダルマという言葉で説明され、
日本でも古くから因果の法則という・・「蒔いた種は自分で刈り取る」
これは10番ボトルの本質的なテーマになる・・

羽の象徴は自分の行うことを一瞬一瞬、軽やかに行う・・
それは天使のように高次元の気づきを持って行うことにつながる

ホモサピエンスからホモルミナスへと・・・
色と光は意識的な成長を育み、
アヌビスのシェイクカラー・グリーンは360度の視野をもたらす。

そのためには、ブルー平和を腑に落とすことが大切。
手放して信頼する・・非執着の大切さ
人は執着するものが何もないとき、心は初めて平和になる。

平和

自分との平和なコミュニケーションを通して気づきは増し、
ハートからの変化、アクションを促す。

60年代頃からあの世とこの世に虹色の橋が建設され、
最近は特に亡くなった方からのサポートを受けやすく、
誰もがスピリットに繋がりやすくなっているとマイクは伝える。

私たちが気づけば気づくほどに、虹色の橋は逆方向からも繋がり始め、
やがて地球にダブルの橋が架かるだろうか・・・

この夏の青い空を思うと、昨年の、あの地震の翌日の
裏腹な、抜けるような青い空を思い出す・・自然の両極を知らされた
あの日こそ、みなの心に平和が必要だった・・あの青い空を忘れない。


テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

19:56  |  オーラソーマ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iriscolorsangel.blog109.fc2.com/tb.php/189-90e3b84b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
SEO対策:音楽 SEO対策:天使 SEO対策:ブログ