人気ブログランキングへ アースハート オーラソーマ カラーセラピー 天使 光 クリスタル アロマ 旅行
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

瀬織津姫

2013.07.01 (Mon)

瀬織津

2年前に阿蘇山中にある幣立神宮へ参拝させていただいた。
参拝時に宮司様からお榊を手渡されてお作法を教えていただいたのですが、
そのお榊の座布団ほどもある大きさに驚きました!

天を突くように伸びる木立の素晴らしさ、見上げると雨が降ってきた。
その雨粒の大きさ、一粒一粒はっきりと水の玉となって降ってくる。

もし私が病に倒れたら、這ってでも幣立へ行くだろう。
それほどにパワーのある境内なのです。

その旅で、次は縄文だと思った・・・
すると誰かが「瀬織津姫」と囁いた。

そんなことも忘れていたら、最近、山水治夫さんの本を貸してもらった。
2冊あっという間に読んでしまった。

山水さんもある日瀬織津姫が降りてきて、作詞作曲、自らCDを制作し、
日本全国の姫ゆかりの神社にCDを奉納する旅を続けておられる。
子供のように純粋で楽天的なお人柄が伺えるような楽しい読み物。
表紙の色コーラルとターコイズの補色がいいですね。
また新たに刊行されたと聞いて、新刊も読んでみたくなった。

瀬織津姫は縄文の女神といわれ、隠されてきた女神とも・・・
著書によると2006年頃に再降臨、復活されたとある、
私もその頃から珍道中・・いや日本全国参拝の旅に出るようになった。

瀬織津姫は龍神様でもあり、日本中を駆け巡り浄めてくださっている。
水の大切さを忘れかけた日本人の心に蘇ってきた女神。
活きた美味しい水はどこからできる?!川は、滝はどこから流れている?
そう山なんだ・・・・山林なくして命の水はない。
瀬織津姫はまた山の女神でもある。

菊理姫も弁財天も、騎龍観音も、そして織姫も瀬織津姫の化身だという・・
もうすぐ七夕だ、彦星と織姫様に祈りを捧げよう。
地にあるが如く天にもあれ、天の川に祈りを捧げよう。

水といえばケルト伝承の水の精「スリス」もまた浮かぶ。
スリスはケルトでは太陽の女神とある。
瀬織津姫も太陽神アマテラスの女神なのかもしれない。


テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

16:53  |  パワスポ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iriscolorsangel.blog109.fc2.com/tb.php/244-fce37ead

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
SEO対策:音楽 SEO対策:天使 SEO対策:ブログ