人気ブログランキングへ アースハート オーラソーマ カラーセラピー 天使 光 クリスタル アロマ 旅行
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ホリスティクな愛

2015.02.28 (Sat)

2015022815440000.jpg

オーラソーマL2のテキストにコーラルのキーワード「ホリスティックな愛」とある

説明文は自分自身を愛することで溢れ出し、自分自身の隙間を埋めてしまうような愛。

捉えようとするほどに掌の水のごとく流れ落ちて、意味を掬いかねてしまう

単純に捉えると自分自身を丸ごと愛する、
ジャッジしないでありのまま自らを受け入れ、抱きしめることでしょう。

最近ある本を読んでいて久し振りにこのキーワードを思い出す内容にであった

愛には3つの要素がある。

エロス(愛の発露)とフィロス(友愛)とアガペ(神の愛)

この物語(「星の巡礼」パウロ・コエーリョ著)の登場人物は
「アガペは焼き尽くす愛だ」と力説する。

「マルティン・ルーサー・キングはかつて、次のように言った。

キリストが汝の敵を愛せと言った時、彼はアガペについて語っていたのだと。
なぜなら彼によれば『われわれに対し、冷酷で、日々われわれの生活をより悲惨な
ものにしようとする敵を好きになることは不可能』だからだ。

しかし、アガペは好きという感情よりずっと深いものだ。
それは私たちの内なるすべてのスペースを満たし、
おおいつくし、われわれの攻撃性をつまらないものに変えてしまう感情なのだ。

君は生まれ変わる方法、自分をいじめるのをやめる方法、
自分のメッセンジャーと交信する方法を学んだ。
しかし、君がこれから行うすべてのことも、
サンチアゴの道から君が得るすべての良い結果も、
君が焼きつくす愛を体験した時、やっと意味を持つのだ」

アガペは完全な愛だ、愛の最も純粋な顕れ方、
イエスが人々に対して感じた愛であり、星をもふるわせる愛であると・・・

この世に大切なものは何もない、愛だけが大切だということを学ぶ。

要求は何一つない、与えるだけの愛、焼きつくす愛は
他のすべてのもの、完全に他のすべてのものを大切ではなくしてしまう
こうした人々は自分の愛によって焼きつくされるためにだけ生きるのだ・・と。

アガペを「法悦」と訳すと解りやすい、
トランス状態や恍惚状態、神との交信・・・など
ある特定の思いや特定の物事に向けられたアガペのことだとも人物は伝える。

子供の頃にそれは全力で現れてくるとも
聖書の言葉にある「神の国を受け入れるものは子供のように純粋でなければならぬ」

皆一度は法悦というアガペを体験したことはあると思う。
本当に純粋にそれが好きで、愛し、信じて揺るがぬ信念を持って向かったことが、
そんな時、自分の持つ強さに驚き、確信とともに静けさを得る。

これは人に対してだけではなく、ものやことに対しても同じ。
私自身は特定の宗教に属してはいないけれど、
キリストにおいてはシュタイナーが述べた「キリスト意識」という
概念に自らの体験を重ねている。

ホリスティックな愛から「アガペ」へ・・・・・探求の途上にある。


15:34  |  虹色事典  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

ホリスティックな愛

ホリスティックを調べると、ギリシャ語で「全体的」と訳されています。
私は、様々な手放しの行程から、今、動物達、自然界への想いを通して、このホリスティックな愛をうっすら、そしてぼんやりわかりかけてきている気がします。
emi.N |  2015.03.04(水) 23:09 | URL |  【編集】

Re: ホリスティックな愛

ヒーリングという語源もギリシャ語の「holos」から来ていると言いますが、身体だけでなく目に見えない霊性も精神性も人間全体を見ていくことだと思います。地球もそこに棲むすべての存在感じて受け入れて、愛してゆくこと大切ですね。ありがとうございます。
iriscolors |  2015.03.05(木) 13:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iriscolorsangel.blog109.fc2.com/tb.php/368-be15e657

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
SEO対策:音楽 SEO対策:天使 SEO対策:ブログ