人気ブログランキングへ アースハート オーラソーマ カラーセラピー 天使 光 クリスタル アロマ 旅行
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

色の力

2016.10.25 (Tue)

雲と空

最近小気味良い本が売れているタイトルは「色の力」

著者はフランスの大手広告代理店で働く売れっ子クリエイター。

フランス人らしいクールな視点と意外なユーモア、データの出典も明確だ。

「なぜ雲は白くて空は青いのか」と聞かれたらどう応えるか?

なぜ朝と夕の太陽は赤いのか?

まず雲が白いのは水の粒子が光の波長よりも大きいからであると
そのためスペクトル全体が反射して白く見えるのだ。

地平線上の太陽が赤く見えるのは、空中に浮遊している粒子が何百万もの
極限の鏡のようにあらゆる方向に散乱させるからである。

P1010010.jpg

短い波長(青)は長い波長(赤)よりも遥かに散乱しやすく
そのため赤の波長は直進できても、青の波長は免れて散らばることを証明した。

太陽が地平線上にあるとき光はわれわれの目に届く迄に
大気中の長い距離を通過するため、より多くの「不純物」にぶつかることになる。
そのため赤の波長は地上に届くが、青の波長は散乱してしまうのだ。

青の光は赤の光よりも十倍散乱するため、我々が目にする光の大半は青になる。
地方によって空の色が変わるのは大気中の不純物の性質による。

以上本文より抜粋、すべてが端的に説明され、短い文章だ。

さすが日本的な「情緒」と言う言葉がない国だけあって明快だ。

「色を理解する」「色の与える影響」「色を選ぶ」 3章から成り、
付録として「世界の地域でそれぞれの色が象徴するもの」がある。

光とは何か?の頁では色は光から生まれ、光がなければ色も当然存在しない。
すべての色を合わせると白い光に成ることを思い出そう。

だからこそ色の集合体ーその影響について語ることが大切だと。

例えば真っ暗な地下鉄の中でも戸外の天気がどうかは
乗客の顔の表情を見れば分かると言う。

ひとつの車両に分けもなく上機嫌な乗客が二人でも入れば
間違いなく地上は快晴であると・・・

人は誰でも一定量の光がないと機嫌良く穏やかな気持ちで過ごせない。

特に子供たちは太陽光を求めている、学校でも上手く教室に自然光を取り入れると
学習効果が上がることが確認されている。

最近の実験では朝の光は肥満に効くと言う、
毎朝30分間日光に当たるだけで体重が減少すると結果が出ている。

さらに日光は近視を防ぐ効果があるそうな。
広東の小学校で実験データがある、毎朝遊び時間を45分延長したところ
近視の進む確率が25%減ったそうだ。

4本B

逆に暗闇で働く鉱夫の実験データでは
水よりもアルコールを好む傾向にあると言う。
睡眠を司るメラトニンが過剰生成されると士気は地に落ちる、
このホルモンのバランスを整えるのも太陽光だ。

冬の日照時間が極端に少ない北欧圏はもちろんのこと
日本もこれからの季節はぐんとプチ鬱が増える傾向にある。

光の力色の力を得て心身のバランスをとっていきたい。

北欧では日中は太陽光を多く取り入れ、照明もグンと明るくし、
夜はキャンドルや暖炉など間接照明で逆に暗くして
暖かい光に包まれるようライフスタイルは定着している。

色のこと光のことは知っているつもりでも改めて本に光の重要性を
端的にまとめられていると仕事上当方の士気もアップする。

個人的にもバイオレットのタイプだけに補色のイエロー
「サンライトレスキュー」は日々欠かせない。

カラーセラピーの仕事を16年も続けていると個人的なデータは結構あって、
定期的にボトルを塗っておられる方は皆さんスマートで、
お肌も気持ちも透明感高い!


「色の力」ジャン=ガブリエル・コース著より一部抜粋





テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

23:17  |  オーラソーマ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iriscolorsangel.blog109.fc2.com/tb.php/444-2620de2e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
SEO対策:音楽 SEO対策:天使 SEO対策:ブログ