人気ブログランキングへ アースハート オーラソーマ カラーセラピー 天使 光 クリスタル アロマ 旅行
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

皮膚は心を持っていた

2017.10.29 (Sun)

皮膚は心を

瞑想時に皮膚は最も大きな臓器、

無数の毛穴から溜まったエネルギーを吐く息によって
解放しましょう〜と誘導しています。

皮膚は感情やマインド、快不快にもっとも素早く反応する
センサーのようなもの。

必要なものは取り入れ、必要ないものは湿疹や時に爛れ、
かゆみとなって解毒します。

地下鉄の人ごみや車内に対流する負のエネルギーにも
敏感に反応します。

幼児が何故柔らかい毛布やタオルを手放せないのか、
女性達がエステや整体、リフレクソロジーが好きなのか、、

人は不安や恐れを感じた時に無意識に
自分の身体の一部に触れたり、さすったりしています。

痛いの痛いの飛んでけ〜と昔から言われるように
手当て、手かざしの大切さ、
それが理にかなっていることをさまざまな調査や
科学的分析データを駆使して
身体心理学の研究者である著者は説得します。
(「皮膚は心を持っていた」山口創著 青春新書)

中でも最近発見された「C触覚繊維」が
さすること、触れることで脳内のシナプスの流れを遅らせる
痛みが緩和されると言う結果が出ています。

触れ方、さすり方の速度は1秒5cm程度,
それよりも早くても遅くてもいけないそうです。
いけないことはないけれど、そこは科学者
実験データの結果なのでしょう・・・

心地良い触れ方は温かい手で1秒5cmの速度、
しかも慈愛を持って触れること、
もちろん触れる相手は信頼を寄せている人がよいのですが、
そうでなければ即不快になるのも皮膚の特徴です。

セルフマッサージも効果あり、その場合も1秒5cmの速度で、
手のひら手首の方から入って指先へと
手のひら全体も使って少し圧がある方が良いなど、
触れ方のスキルも書かれています。

顔と腕に触覚繊維は最も多く、愛情ホルモンと呼ばれる
脳内ホルモン・オキシトシンを分泌します。

本を読んで自分も随分前からオーラソーマのオイルや
精油なども使って毎日セルフマッサージしているので、
自己ケアに大いに役立っていることを納得。

P1010005.jpg

最近は左手、感情の指が爛れてかゆみ、半年間大変でしたが、
あえて病院へ行かず、この時とばかりに皮膚に良い精油をいろいろ試して
自己実験、お陰で皮膚ケアの精油のエキスパートになりそうです。

仕事柄、人様の感情を受けますので、
自己ケア、メンテナンスは日々必要です。

昨日は新たなポマンダー・ペールコーラルが入荷しました。
第二の脳、露出した脳と言われる皮膚は
第2チャクラ前後のテーマです。
色で言えばオレンジからコーラル、イエローも含みます。

まさに新ポマンダーの領域、
そしてちょうどこの時期のハロウィンカラー
温もりのある光色です。




テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

23:15  |  アロマライフ  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
SEO対策:音楽 SEO対策:天使 SEO対策:ブログ