人気ブログランキングへ アースハート オーラソーマ カラーセラピー 天使 光 クリスタル アロマ 旅行
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

大祓式

2016.12.31 (Sat)

始まる

今年もお世話になった日枝神社へ、大祓式に参列させて頂いた。

雅楽・笙の音色から始まる、そこはかとない不協和音に

横笛や縦笛が加わっていつしかハーモニーが生まれる

不協和音を前提に皆が自然に合わせてゆく

リードしないリーダー、そこが日本のいいところ・・・

大祓の詞を皆で唱えた後、

和紙に包まれた麻と和紙の紙吹雪、人形も配布され、

左回り

紙吹雪を各々 頭からかけてお祓いをして

人形ヒトガタを頭から身体全体を撫でてさらにお祓い

再び和紙に包んで集めにきた巫女さんに渡す

回収した人形は木の箱に入れられて若い神職がかつぎ

川または海に流してくれるのだろう

篝火が焚かれると人々の安らぐ表情が見て取れる

境内に散った紙吹雪を集めてすぐに燃やしてくれる

日射す

雅楽と神職に先導されて境内を大きく回り、茅の輪をくぐり拝殿へ

お榊共に参拝し、最後にお神酒を頂く、

一連の流れすばらしく、風立ちぬ軽やかさ、

清らかな白い光集めて、コトダマに磨かれる。

どこにも角のないまろやかさ

森羅万象すべてに感謝した大晦日、

皆様 今年も読んで下さりありがとうございます。

イラスト

佳いお年をお迎えくださいませ。

2017年も宜しくお願いいたします。



テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

22:51  |  パワスポ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

夏至から秋分迄

2016.09.24 (Sat)

女体山

6月21日の夏至からつい先日の秋分迄、怒濤の早さで月日が流れ

この間振り返れば出会うはずの人と出会い、
行くべき場所や読む本とも出会ったように思います。

しかし個人を超えたあまりにも大きなテーマなので
どうして良いものか持て余しておりますが、

表紙

ご縁で出会った人や書籍を大切に学びの糧として
まずは個人的に惹かれるところから受け入れ咀嚼していきたいと・・・

先日オーガナイズさせて頂いた
坂井洋一さんとあわの歌&古代史セミナー夜会
ご縁のある方は何も聞かずに来て下さり、お陰様で20名近く
ほとんど女性達の、優しいエネルギーに満ちた女子会になりました。

シュメール

このテーマは説明すればするほど遠ざかっていかれるのが分かるので
ほとんど説明せず、タイトルを受け取った方が静かに集まって下さいました。

坂井先生の発刊されたばかりの本を読んで頂ければ良くわかるのですが、
まずお話を聞いてから読もうと言う方がほとんどでした。

最初から読まれる方は「シュメール」と言う言葉に惹かれる方や
宇宙系の好きな方、開催した日も999の日で、
ネットでは「くくりの日」として騒がれていましたが、
坂井先生のお好きな銀河鉄道スリーナインの日だ!と思いました。

残りの全員 のコピー

後で感想を数人の参加者に聞く機会があり、
やはり「あわの歌」コトダマに惹かれる方多く、
すぐに覚えてしまっていつも口ずさんでいると言う方、

セミナーの翌日、体調がすごく良かったと言う方、
この歌の出典「ホツマツタエ」を学びたいと言う方、

そしてシュメールから古代エジプト、日本のルーツを知り得て、、
すべては学校で教えられなかったこと、
或いは忘れられていた? 誰も追究しなかった? e.t.c.

出エジプト

すべてはこのタイミングでいろいろと明るみになっていくのでしょうか!

坂井先生は古代からの比較言語学を元に長年のフィールドワークを経て
一冊のご本にまとめられました、そして使命はコトダマミュージック!
水を得た魚のごとく、自由になった吟遊詩人、
2020年の東京オリンピックまで、まっしぐらに加速されるでしょう。

先日最終日に間に合った古代ギリシャ展では紀元前2000年あたりの
ミノス文明にシュメールと共通する紋様を見て
時代が遡れば遡るほどに、ある拠点に行き着くのでしょうか?

今度は12月21日の冬至迄、世界規模の変革の波に
足元を掬われないように、グランディングと軸を強化しましょう!

☆坂井洋一さん主催のコトダマミュージックの夕べは10月7日(金)
目黒区碑文谷ライブハウスAPIA40にて開催されます。
ご参加希望の方はhttps://www.facebook.com/events/313053815713414/

男体山

写真最初と最後は茨城・筑波山女体山と男体山頂です。
イザナミとイザナギが出会い子宝を授かった場所。

日本は古来よりイザナミ・イザナキ夫婦神に代表されるように
陰陽を大切にする文化、富士山も対であるように和合
受容性とバランスを実現する風土です。




テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

18:21  |  パワスポ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

坂井洋一さんとあわの歌&古代史セミナー夜会

2016.08.17 (Wed)

柏田UP

「ホツマツタエ」は昭和41年に松本善之助さんという方が
神田の古書店にて偶然見つけたそうです。
その不思議な文字に惹かれて20年の歳月をかけて解読
しかし氏は残りの文献があることを確信して宇和島に向かい
その結果、宇和島の旧家の屋根裏より完璧な写本を発見します。

「それは1万行11万文字で全編長歌の形式でホツマ文字によって書かれた
日本古代の歴史を綴った壮大な叙事詩でした」

以上はこの7月にリリースされた坂井洋一氏の著書
「日本の始まりはシェメール」より抜粋させて頂きました。

シュメール

ホツマ文字はヲシテ文字とも呼ばれ、
48文字からなる日本古来の「あいうえお」です。

私の目には○△□に見えるとてもシンプルな文字
丸みがあって、流線形で可愛くて・・・

名前は聞いたことがあるけれど・・という方は多いのではないでしょうか?
SNS時代、皆さんつながって勉強されている方も多いと聞きます。

6月に坂井洋一さんのワークショップに参加して
初めて「あわの歌」を歌い、なんて心地良いメロディ(コトダマ)
自由に踊って良いといわれて身体を動かしているうちに
魂が喜んでいる解放感を感じました。

文字を見て歌を歌って懐かしく心身解放されて
その他に空海が守ってきたという「いろは歌」「ひふみ歌」
「あ〜そう言うことだったんだ〜」とすべてがつながる
古代の歌をシンプルなメロディに乗せて歌うと本当に心地良いのです。

坂井氏の経歴は多彩で映画監督や作詞作曲家、ギタリストに歌手でもある
でもすべてが今ここに集約されてふさわしいタイミングの時を得て、、
今後のご活躍、飛躍されること間違いなしです。

歌とメロディから入る「ホツマツタエ」にはまってしまいました。
坂井さんのギターと歌は愛に満ちて勇気に満ちてすばらしいものがあります

氏は古代秘史ハンターとしての実績も古く、
比較古代言語学を元に研究されて30年の成果を
このほど一冊の本にまとめられました。

たった1回のワークショップに参加して感動し、目から鱗とはこのこと
個人的にもこの10年パワースポット巡りと称して呼ばれるままに
古社巡りをしてきましたが、それがすべてつながり
点と点が線になりひとつの確かなカタチを持つ「真実」を突きつけられました。
頭が整理され清々しい驚きでした。

シュメール

少し前迄はシュメール文明や楔形文字など学んだり、最近はエジプト考古学系や
ティンババティのホワイトライオンの本などいろいろ読んで
それらも無駄なくすべてつながっていることを実感した次第です。

日本の真のルーツ、今知り得るときでしょうか・・・
少なくとも「ホツマツタエ」にかかれた内容と素敵なコトダマを
楽しいカタチで一人でも多くの方と共有したくて大胆にも9月9日・重陽の節句に
「坂井洋一さんとあわの歌&古代史セミナー夜会」開催させて頂きます。
ワクワク古代史セミナー付です+お食事付(2ドリンク付)で4500円です!!

お申込・詳細は下記のイリスHPまたはTOP頁よりFBにてお申込いただけます。
http://iris-colors.com/schedule/scheduler.cgi?mode=view&no=472

☆トップの写真は柏田ほづみさん「奇跡のコトダマ」CDです。
*坂井氏による演奏、作曲、録音です。
Uチューブなどでもヒットしていますので、ご検索下さい。


テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

19:15  |  パワスポ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

初日の出2016

2016.01.02 (Sat)

神磯神事

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

今年は風もなく穏やかで温かな元旦となりました。
そこで今年は、思い叶って茨城・大洗海岸は神磯鳥居にて
初日の出を参拝することができました。

明るくなってくる

神磯の海で禊をされた神職の方々が太鼓を鳴らし祝詞を上げると
空が明るくなり始め、6時48分水平線すれすれに太陽が見え始めました。

瑞々しい太陽が水平線の上に表れると若者たちからどっと歓声が湧き上がり
縄文の血が騒ぐのでしょうか、、歓声と相まって素晴らしい波動でした!

P1010010.jpg

初日の出の後は、振り返ると山上に鎮座する大洗磯前神社へ参拝。
長い階段が参道です。
段上から望む丸い水平線と銀色の海にさらに心洗われ、

出雲から遥か神磯に降り立ったと伝承の少彦名命(えびすさま)と
大国主命様が祀られています。二人はここから力を合わせて関東平野一帯にも
医療の原点と国土安全、家内安全を広めて行ったと言われています。

大洗磯前神社

どこ迄も続く果てしない青空と穏やかな風に、解放感とリセット感は最大でした。

海岸線をゆっくりと散策して大洗の地形にアースダイブ、
土着的な発展をそのままに、素朴でシンプルな町に心惹かれます。

水平線 のコピー





18:59  |  パワスポ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

高尾山から富士山

2015.12.20 (Sun)

山門

いつからか高尾山から富士を望みたいと思い数年の月日が経ち

やっと昨日、山頂へ登り、念願の富士山を望むことができました。

大気が澄んで快晴の昨日、今日だ!と思い体調も良くて
今日しかないと言う気持ちが募り、タイミングってありますね!

高尾山への思い入れは強く、長野の飯綱大権現と繋がっていることや
古くは役の行者ゆかりの修行場であることや・・・・

飯綱大権現

いろいろ・・・思いが募り、極めは富士山

テレビで見ると人気の山で人が多いので敬遠していたのですが、
紅葉が終わったいま、人も少なく落ち着いて登ることができました。

599メートル、高くはないお山ですが、都心から電車で90分くらい
登山口から歩いて90分くらい、適度な距離感で登山気分に浸れます。

登山コースも数本あるので、今度は吊り橋コースを歩いてみたいと思いました。

意外にも山の霊気豊かで、かなり浄化できます。
途中から心身がすーとしてきます、

六根清浄と書かれた石碑がたくさんあり、
石車をまわすと6つの根(眼・耳・鼻・舌・身・意)が浄化されますと・・・
若い人たちが楽しそうにまわしていました、いいことです・・・

P1010018.jpg

この季節は特に22日の冬至は富士山の真ん中より夕陽が沈み
ダイヤモンド富士が望めるそうです。

クリスマス迄は午後から登る人が増えそうですね!

山頂からの青い山並みと虚空のような青い空にも癒されました。

やはりブルーは滋養の色、山のブルーも海のように包んでくれます。

都心一望




22:07  |  パワスポ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT
SEO対策:音楽 SEO対策:天使 SEO対策:ブログ